新築を工務店で建てるときのポイント

新築を建てる際、

 

  • 工務店にするか、ハウスメーカーにするか
  • どの業者にするか

 

など、業者選びで迷われる方も多いのではないでしょうか。

 

 

特に限られた予算で、要望通りの家を建てたいという方には工務店がおすすめです。

 

しかし、工務店もピンキリでいい工務店を見つけるには知っておくべきポイントがあります。

 

そこで今回は、失敗しないための工務店の選び方をご紹介します。

 

工務店の特徴やメリット、デメリット、いい業者の見極め方、さらには業者選びを効率的に行う方法まで詳しくご紹介します。

 

これから工務店での家づくりをお考えの方はぜひ参考にしてください。

 

工務店とはどんな業者?

 

工務店は地域密着型で、狭い地域に根差して住宅関係の業務を行っている業者です。

 

 

新築住宅だけではなく、

  • 建売
  • マンション(内装、外装工事)
  • リフォーム
  • 解体
  • 店舗工事
  • 大手ハウスメーカーの下請け

など、業務内容は多岐に渡ります。

 

 

これらの業務の中で、メインにしている業務内容があるケースが多いです。

 

 

例えば、

  • リフォームメインで、新築は下請けで少しだけ
  • 大手メーカーの下請けでの実績が豊富
  • 新築メインで多業務の割合が少ない

といったように、実際の施工事例から業者の特色を判断する必要があります。

 

 

会社の規模も様々で、ハウスメーカーに匹敵する規模の工務店もあれば、少数経営で行っている工務店、複数の工務店と提携して業務を請け負っている工務店もあります。

 

 

工務店=安くて要望を叶えてくれると考えるのは大変危険で、工務店ごとに

  • 主としている業務内容
  • 品質
  • サービス

が大きく異なるので、信頼して任せられる工務店を見極めることが、新築で失敗しないためには必要になります。

 

工務店のメリット・デメリット

 

工務店にはメリットもあればデメリットもあります。

 

もちろん、会社の規模によってはメリット、デメリットに当てはまらないものもありますが、総じて「工務店に見られる傾向」をご紹介します。

 

工務店選びの際に、ぜひ参考にしてください。

 

工務店のメリット

 

実績、評判の信頼度は高い

 

ハウスメーカーでは地域によって下請けの工務店が異なるため、実績、評判は地域によってピンキリです。

 

また、施工時期によっても請負業者が異なるため、過去の口コミは参考にならない場合が多いです。

 

しかし、工務店は地域密着型で実績と評判を勝ち取ってきているため、情報の信頼性が高いです。

 

「親身になってくれる」「対応が丁寧で早い」など、工務店にとって口コミは生命線でもあります。

 

そのため、時期によらず、実績や評判の信頼性は高いです。

 

担当者への安心感がある

 

工務店はハウスメーカーと小規模であるため、最初から最後まで担当者が変わらないことが多いです。

 

また、社長自ら担当してくれるケースもあります。さらにはアフターサービスまで一貫して同じ担当者になることが多く、非常に話しやすく、安心感があります。

 

また、少人数で経営が行われる傾向にあるため、社員指導もきめ細かくされていることが多く、外れが少ないです。

 

要望を安く取り入れてくれる

 

ハウスメーカーと比べて施工の制約が少ないため、要望を取り入れやすいです。

 

また、広告費、販促費もかけていないため、価格も抑えることができます。

 

同じ条件であれば価格が安くなり、同じ価格であれば条件が良くなる傾向にあります。

 

見積書が丁寧で料金形態も把握しやすい

 

工務店の見積書は内容まで詳細に書かれていることが多いです。

 

ハウスメーカーのように「標準仕様」「一式」といった項目が少ないため、どこにどれくらいの費用がかかっているかが明瞭です。

 

そのため、コストを抑える際に削りやすくなります。

 

また、きちんとした口頭での説明もあり、料金形態もわかりやすいので、オプション等による追加費用が発生する心配もありません。

 

このように、情報の信頼性、顧客に寄り添ってくれる点が工務店のメリットです。

 

工務店のデメリット

 

会社規模が小さいため、トラブルが起こる
  • 施工範囲、条件工法が限られ、希望通りに施工できない
  • 繁忙期は待たされることもあり、工期が遅れることも
  • モデルルームがないため、イメージがわきにくい
  • 最新技術が導入されていない
  • 情報収集力が弱い

これらにより、出来上がった後に後悔するケースが多い点も特徴です。

 

社長の力量に左右されやすい

 

社長の情報力、知識、顔の広さによって、

  • 資金計画や税金対策
  • 流行や最新のデザイン、設備の導入
  • 得意でない分野を取り入れる際の費用→他の業者へ委託するときに費用が割高になる

といった問題が生じる場合があります。

 

担当者(社員)が社長の問題点を言うことはまずないので、独自で調査し、見極める必要がある

 

評判が得られにくい

 

HPに記載されている口コミは断片的で、ごく少数であることがほとんどです。

 

さらにいい内容だけ抜粋されているため、信ぴょう性は低いです。

 

しかし、ネット上に情報が少ないため、情報収集には注意が必要になります。

 

古い情報をうのみにせず、地域ネットワークを生かした情報収集がポイントです。

 

アフターサービスの充実度では劣る

 

保証期間や内容は企業規模によって決まるため、ハウスメーカーと比べてアフターサービスが充実していないケースが多いです。

 

また、経営状態によっては倒産してしまうと保証が受けられなくなるといったデメリットもあります。

 

この場合、別の業者に新規で依頼をすることになるため、メンテナンス費用も割高になる恐れがあります。

 

このように、会社規模による様々なデメリットも工務店にはあります。

 

総合的に判断する場合、工務店を選ぶ際のポイントはやはり「信頼」です。

 

マイホーム購入という人生の中でも1,2を争う大きな分岐点に携わる業種だからこそ、信頼できるかどうかが大きいです。

 

担当者の人柄はもちろん、社長の人格、会社の経営状態など様々な部分で信頼できるかどうかを把握するようにしましょう。

 

いい工務店を見極める5つのポイント

 

いい工務店には共通しているポイントが5つあります。

 

これから工務店探しを行おうと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

新築住宅が主となっている

 

現在の工務店では、複数の業務を行って経営をしているケースが多いです。

 

複数の業務を行うこと自体は悪いわけではありません。

 

しかし、家造りに誇りを持ち、質の高い住宅を建て続けている工務店は新築住宅の受注も一定数確保しています。

 

つまり、複数の業務を行っていたとしても新築住宅が占める割合が高ければ信頼できる工務店であるといえます。

 

新築、建売、リフォームなど、業務内容によって必要とされる技術力は異なります。

 

大切なのは、高品質の新築住宅を建てられる技術、経験、実績があるかどうかです。

 

多くの工務店では、施工実績という形で携わってきた業務内容を公表しています。

 

特に新築住宅の場合は施工棟数、実施期間等がきちんと書かれているため、まず第一にチェックするようにしましょう。

 

理念、こだわりを担当者が即答できる

 

家造りという専門性の高い職種だからこそ、強い理念やこだわりがなければいい家を建てることはできません。

 

大切なのは、その理念、こだわりが社内に浸透しているかどうかです。

 

きちんとした教育が行き届いている工務店は、社員もこれらを即答することができます。

 

1人1人が企業理念を理解し、社としての方向性を理解しているからです。

 

また、理念やこだわりを訪ねたときに、具体性のある返答があるとより信頼度が増します。

 

重視しているポイントに対して、どのようなこだわり、施工方法を実施しているのか。

 

使用している素材や、その工務店のウリはなんなのかを分かりやすく説明できなければ、ただ言っているだけです。

 

営業マンがしっかりしている

 

依頼者と施工する職人の橋渡しをするのが営業マンの役割です。

 

いい営業マンに依頼をすることが、理想の家造りのファーストステップといっても過言ではありません。

 

いい営業マンとは、要望をそのまま取り入れるだけの営業マンではありません。

 

 

顧客の要望に対し、

  • 取り入れることによって生じる問題
  • 問題をいかに改善するか

といったリスクと代替案を挙げられる営業マンは非常に優秀であるといえます。

 

 

ハウスメーカーの場合、経験の浅い営業マンに当たってしまう場合もあります。

 

 

このような場合、

  • できる、できないだけの返答
  • とりあえず間取りに要望を全部入れている

となる場合が多く、これでは要望、快適性、機能性のすべてがいい家は出来上がらないのです。

 

 

動線、住みやすさ、風水、耐久性など家づくりは非常に複雑で難しいものです。

 

経験に裏打ちされた確固たる知識があり、家を売るだけでなくその後の生活のしやすさまで考えてくれる営業マンであれば、このような無責任な対応はしないはずです。

 

そのため、相談の際に少し無謀な要望を言ってみるのも1つの方法です。

 

自社完結可能

 

設計から施工までを自社で完結できる工務店は非常に優秀な工務店です。

 

設計や施工を複数業者に委託している場合は、その分コストが高くなる恐れがあります。

 

また、要望が通りにくく、話と違った家が出来上がるリスクも高くなります。

 

設計から施工まで自社完結できるということは、それだけ家づくりを熟知しており、体系が整っていることの裏付けでもあります。

 

そのため、家づくりに対する責任や誇りを持っていることにもなるため、非常に信頼できる工務店といえます。

 

アフターサービスが充実している

 

アフターサービス(保証)とは、欠陥が出てしまったときに対応です。

 

ここが適当だったり、業者側に有利な内容である場合は非常に危険な業者だと判断できます。

 

家づくりに誇りがあるからこそ、手厚いアフターサービスを準備することができるのです。

 

とはいっても、ハウスメーカーと比べて資金力で劣るため、大手と比べると保証内容は劣っている場合が多いです。

 

ここでポイントになるのは、対応の柔軟性です。

 

無料で修繕できる範囲や、メンテナンスの頻度、保証期間外での対応内容といったように、地域密着型だからこそできる、工務店特有の人を大切にした保証内容が入っている工務店は非常に信頼できる工務店といえます。

 

 

アフターサービスにこだわりすぎると業者が決められなくなってしまうので、

  • 保証期間(一般的には10年)
  • 保証内容

の2点を複数業者で比較し、一定基準以上の業者を選ぶようにしましょう。

 

効率的な工務店選びの方法

 

これらに着目して工務店選びを行うことで、失敗しない工務店選びは可能です。

 

しかし、一番の問題は時間と手間がかかりすぎることです。

 

そこでオススメのサービスが「業者一括比較サービス」です。

 

このサービスはたった5分の入力で、複数業者から間取り図、土地情報、資金計画書を手に入れられるサービスです。

 

登録している業者は、国家基準を満たした優良企業のみ。

 

もちろん、地域での実績もしっかりしているため、非常に信頼のできる業者ばかりです。

 

たくさんの情報が瞬時に手に入れられるので、お仕事等で時間がなかなか作れない方にもおすすめですよー!